blog

2018/11/15 01:06

毎年恒例のワークショップを今年も開催!

伝統が多く残る下町台東区で続く《伝統工芸》を題材にしたワークショップを今年も開催します!

平成最後は 「桐木目込み細工体験」です。


_______________________

体験内容詳細はこちら》から(お申込みリンク)

____________________


*以下、箱長さんのご紹介です。


今年指導をしてくれる職人は 浅草のメトロ通りとオレンジ通りに2店舗構える箱長四代目の宮田健司さん


”職人”と聞くと 「無口で気難しく、怖そう」なんて言われることがありますが

宮田さんは 下町人らしい親しみある人柄で、

冗談も交えて、楽しくいろいろ教えてくれる職人さんです。



箱長の桐木目込み細工の始まりは

創業当初より桐箪笥や仏壇を製作していた箱長さんの

”和室から洋室にも合うように”と時代の流れと人々の生活変化に合わせるモノづくりの姿勢から生まれました。


着物の生地を使って、一般的な装飾がない無地の桐製品に命を吹きかけるような

華やかな細工を施し続けて、今に代々続きます。


今回特別にRinのあるワテラスタワーにて出張ワークショップをして頂きます。

この機会にぜひご参加くださいませ。


お申し込みはこちらから
















10,800円(税込)以上 送料無料

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド