news

2020/10/27 16:14


2020年11月2日(月)~11月30日(月)まで


茨城県伝統工芸品の魅力を月毎にシリーズでお伝えしていきます。
今回は「真壁石燈籠」をご紹介します!

真壁石とは

筑波山からその北に連なる足尾山・加波山の山腹から産出する、

石英・長石・黒雲母などからなる白系の花崗岩を指します。

およそ6,000万年も前に生成されたと言われ、ここより産出される堅牢・美麗な御影石です。

硬度が高く風化に強いことから建材にも使用され、

迎賓館にも用いられるほど美しい石材として知名度も上がりました。

真壁石燈籠の歴史

鎌倉初期から室町・戦国期にかけての、古碑・五輪塔・仏跡などが数多く残されており、

この地の石材業の初めと伝えられ、仏石加工の存在が認められます。

時代の推移とともに石の利用は徐々に盛んとなり、特に江戸時代の庶民文化の興隆が専門的石工を生み、

城郭や神社、仏閣、暮石、美術工芸品等にその存在を見る事ができます。

昭和に入ると造園ブームにのって、真壁石燈籠が好調となり、

以後、加工技術の発達とともに外国石の輸入もはじまり、

燈籠、墓石、建築、モニュメントと需要は拡大し、全国屈指の産地に発展しました。



伝統工芸品【真壁石燈籠】の歩み…

真壁石燈籠の歴史をご説明しましたが、その後、戦争などの時代の波に翻弄されながらも

昭和33年に真壁石材共同組合が設立され、平成7年に日本伝統工芸品として認定される。

組合の中から今回、Rinでご紹介させていただくのは4名の伝統工芸士です。

■瀬谷一也 【瀬谷石材】

■寺西俊雄 【寺西石材株式会社】

■松崎幸司 【有限会社松崎字彫工業

■渡辺幸雄 【有限会社渡辺信也石材】


真壁石燈籠について詳しくはこちらから


Rin店舗で燈籠以外にも真壁石の置物もご用意しております!



オンラインストアはこちらから


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Rin店舗のご案内

住所:東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワーコモン2F

instagram  facebook    twitter

ワテラスHP: https://www.waterras.com/

営業時間 :平日 11:00 〜20:00

      土祝   11:00〜16:00

*しばらくの間、日曜は休業とさせて頂きます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇